Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年5月1日(木)「しんぶん赤旗」

暫定税率再議決

野党は抗議で一致

4党書記局長・幹事長会談


 日本共産党、民主党、社民党、国民新党の四野党書記局長・幹事長は三十日午前、国会内で会談し、自民、公明の与党が、参院で歳入・税制関連法案に対する結論が出ていないにもかかわらず「否決」とみなし、衆院で再議決することに抗議することで一致しました。

 野党四党は、与野党協議の条件、土台を掘り崩したのは与党だとの認識でも一致。今後、「道路政策・道路特定財源の一般財源化等にかかわる協議会」に参加しないことも確認しました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、「再議決はガソリン税の暫定税率を今後十年間も続けるもので、政府・与党のいう道路特定財源の一般財源化と矛盾する。さらに暮らしが大変なときに、二・六兆円も増税し、『道路中期計画』にもとづいて高速道路をつくり続けるのは、どの角度から見ても許されない」と述べました。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は、再議決の衆院本会議を開かせないため、同党国会議員が大挙して衆院議長応接室前に押しかけ、河野洋平議長を入場できないようにした行動について、「実力行使ではない。抗議行動だ。協力は無理でも理解してほしい」と提案。また、本会議が開催されれば出席しないと述べました。

 これに市田氏は、民主党の行動は「事実上の実力行使だ」と批判し、「このようなやり方は国民の支持を得られない。言論を通じて堂々と抗議し、批判すればいい。せっかく世論が『野党がんばれ』といっているときに、逆に支持を失うことになる。(実力行使は)協力もできないし、理解もできない」と述べ、日本共産党としては本会議に出席し、再議決に反対する立場を表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。