Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年3月21日(金)「しんぶん赤旗」

総選挙勝利 必ず

松山で市田書記局長


写真

(写真)市田氏の演説を聞く参加者=20日、松山市

 日本共産党愛媛県委員会は二十日、松山市に市田忠義書記局長を迎え「日本共産党と日本の未来を考える春の集い」を開きました。

 千三百人の参加者は、市田氏、笹岡まさる衆院比例四国ブロック予定候補、田中かつひこ同比例四国・愛媛1区予定候補が語る情勢の変化と「日本改革」の展望に聞き入り、「四国ブロックで二十七万票を獲得し、山原健二郎さんの後を継ぐ四国の新しい代表を国会に送り出そう」の訴えに大きな拍手でこたえました。

 市田氏は、(1)大企業中心主義(2)アメリカいいなり(3)侵略戦争の正当化、という自民党政治の「三つの異常」をただす党の改革の立場を、道路特定財源などムダづかいと結びついた税制の見直し、大企業・大資産家へのいきすぎた減税をただす、軍事費にメスをいれるという「財源論」、一〇条(廃棄通告)にもとづく安保条約廃棄の展望などを示して語りました。

 農業問題にふれた市田氏は、「大工さんは一人大工でも大工さんだ。百姓だけはどうして小規模だったら百姓と認めないのか。これほど農民の誇りと尊厳を踏みにじる亡国の農政はない」という農民の叫びを紹介し、農業を基幹的生産部門と位置づけ多様な経営を応援する、党綱領の立場と最近発表した「農業再生プラン」を説明。「価格保障や食料主権を堂々と掲げている政党は共産党しかない」とのべ、大きな拍手につつまれました。

 笹岡氏は、農機具メーカーの技術者をしていたとき、秋田県の八郎潟で青田刈りの現場に出あい、亡国の農政に涙を流し怒りを燃やした活動の原点を紹介。ペットボトルをかかげて、「これにコメをいっぱい詰めても七十五円から九十一円しかしない。水でも百三十五円。水より安いコメを作らす政治を私は絶対許さない」とのべました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。