Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年1月30日(火)「しんぶん赤旗」

道路財源

徹底して審議を

衆院議長との会談で市田書記局長


 暫定税率などを延長する「つなぎ法案」の国会提出を与党が検討し、与野党が対立している問題で河野洋平衆院議長は二十九日、野党書記局長・幹事長、国対委員長をよび、会談しました。

 河野議長は「よく話し合い、常識的な一致点を見いだしてほしい」と要請しました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は「地方公聴会や中央公聴会、参考人質疑など徹底した審議を行ったうえで、一定の期限がくれば(法案などを)採決するというのは一般的にみてあり得る。しかし今回の与党のやり方は、十年間の道路特定財源を確保する法案本体の審議に一歩も入らないまま、その成立を担保するものであり、衆参両院での審議を無意味なものにするものだ。これほどの議会制民主主義のじゅうりんはない。断じて容認できない」と述べ、与党が検討する「つなぎ法案」に強く反対する立場を表明しました。

 他の野党も「『つなぎ法案』を提出するのは暴挙だ」(民主・鳩山由紀夫幹事長)と述べました。

 河野議長は「つなぎ法案」を一月中に衆院通過させることには「無理がある」との考えを示すとともに、与党が同法案を国会に提出しても二十九日の衆院本会議の採決はありえないと述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。