Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年7月3日(火)「しんぶん赤旗」

防衛相の原爆発言

被団協 抗議の緊急集会・市田議員があいさつ


 「被爆者の苦しみを知らない発言だ」「怒りに体が震える」。久間章生防衛相発言に抗議する緊急集会(主催・日本原水爆被害者団体協議会)が二日、衆議院第二議員会館で開かれました。

 被爆者や平和団体の市民をはじめ、日本共産党、民主党、社民党、国民新党から多数の国会議員が参加。久間大臣の辞任などを求める決議を採択しました。

 日本被団協の岩佐幹三事務局次長は、原爆の爆風でつぶれた家の下敷きになり、生きたまま焼き殺された母のことや、今も病気を抱える自らを語り、「もがき、苦しんだ被爆者の被害をどう考えるのか。人間を踏みにじる発言だ。再び母や私のような被爆者を生まないために頑張りましょう」とのべました。

 日本共産党からは十三人の国会議員が出席。代表して市田忠義参院議員が「久間大臣には人の血が流れているのか。満身の怒りを込めて抗議する」とあいさつし、「久間大臣をかばい続ける安倍首相の責任はきわめて重大です。国会の内外で追及していきましょう」と訴えると、会場から「そうだ」のかけ声と拍手があがりました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。