Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年6月14日(木)「しんぶん赤旗」

業者が頑張れば勝てる

党大阪業者後援会集会 市田書記局長訴え


写真

(写真)大阪業者後援会の決起集会で訴える市田忠義書記局長=13日、大阪市

 「岩をこじあけても勝つ 宮本たけしさんと比例代表の勝利をつかみとろう」と日本共産党大阪業者後援会の決起集会が十三日夜、大阪市の中之島公会堂で開かれました。千二百五十人が会場を埋め、日本共産党の市田忠義書記局長が「大阪は業者のまち。業者ががんばれば大阪は勝つという心意気でがんばろう」とよびかけるとともに、「消えた年金」「自衛隊のスパイ活動」、参院選の焦点について、会場をわかせながら、くわしく解明しました。

 市田氏は中小業者を「日本経済の主役」とよんできた日本共産党の立場を紹介。とくに大阪で企業数99・6%、製造業出荷額65%、人工衛星をとばすほどの技術力、七割強を占める従業員数などを示し、「あらゆる面で日本と地域経済の担い手の役割を果たしている」として「この中小企業が元気にならないと日本・大阪の経済も庶民のくらしも元気にならない」と力説。「ヨーロッパ小企業憲章」も示しつつ、その役割にふさわしい日本の中小企業振興策の必要性を強調しました。

 参院選の焦点の一つ、貧困と格差の打開策として大企業には減税、庶民には増税という逆立ち税制の是正と、参院選後にたくらむ安倍自公政権の消費税増税を許さないたたかいをよびかけました。とくに、消費税を価格に転嫁できない業者は五割を超えているとして、昔からの増税派の民主党の実態も指摘して「共産党の勝利で消費税ノーの声を審判を下そう」と訴えました。

 山下よしき参院比例代表予定候補が「岩をこじあけても宮本たけしさんとともに国会にもどる」、宮本たけし参院大阪選挙区予定候補が「自公の最悪の政治を打ち破るため、勝ちぬかせてください」とそろって決意表明。

 大阪業者後援会の三井節雄会長があいさつ。三人の業者が涙ながらに業者の窮状と「小さな声も届く世の中へ共産党を大きくして」などと訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。