Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年5月14日(月)「しんぶん赤旗」

領収書 5万円以下と政治団体除外

政治資金与党案を批判

NHKで市田氏


 日本共産党の市田忠義書記局長は十三日、NHK「日曜討論」に出席し、自民、公明の与党が提出予定の政治資金規正法改定案について、「ザル法そのものだ」と批判しました。

 与党案は、光熱水費、事務所費など経常経費について、領収書の添付を五万円以上とし、対象も資金管理団体だけに限定。民主党は添付を一万円超、対象を全政治団体とする案をすでに提出しています。

 討論では、自民党の石原伸晃幹事長代理が、「公明党の主張を取り入れた」、公明党の北側一雄幹事長は「透明化で一歩前進」などと主張。民主党の鳩山由紀夫幹事長は「(領収書添付は)一円からが正論だが、事務が膨大になる」とのべました。

 市田氏は与党案について、「どうして五万円以上に限定か。(公明党の)冬柴国土交通大臣は〇五年度の政治活動費が全部五万円以下で、五万円以下が大半の閣僚が十八人中九人だ。すべての支出を明らかにしなければ透明化できない。それから政治団体は除かれ、資金管理団体だけになれば、他の政治団体に(支出を)付け替えることも可能になる」と厳しく指摘しました。

 司会者から「(領収書添付は)全部やるべきか」と問われた市田氏は、「全部やるべきだ。事務が煩雑になるというが、帳簿は全部つけるわけだから、それをだせばいいだけだ。国民は、たとえば中小零細企業であっても、一円たりともすべて領収書をつけている。政治家だけが下限を設けるべきではない」と強調しました。

 討論では、北側氏が「共産党は党本部、支部についてもすべて公表するのか」などと発言。市田氏が「何の問題もない。何か疑惑があるというのか。問題をすりかえたらだめだ」とぴしゃりと反論すると、「それはおいといて…」などと話をそらしました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。