Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年3月13日(火)「しんぶん赤旗」

光熱水費 5年2880万円

松岡農水相、虚偽記載の疑い

市田書記局長 証人喚問を要求


 国会議員会館の事務所の光熱水費問題で、「適切に報告している」と繰り返している松岡利勝農水相に、政治資金規正法の虚偽記載の疑いが濃くなりました。日本共産党の市田忠義書記局長は、十一日のテレビ朝日系「サンデープロジェクト」で指摘し、同氏の証人喚問を要求しました。


 松岡氏の資金管理団体の主たる事務所は議員会館だけで、光熱水費がただにもかかわらず、年間五百七万円(二〇〇五年)、五年間で二千八百八十万円が政治資金収支報告書に記載されています。これについて松岡氏は「“なんとか還元水”といったものをつけている」などと弁明、その内容を追及されると答弁に窮し、「適切に報告している」と繰り返してきました。

 ところが、市田氏の調査によると、議員会館に資金管理団体の主たる事務所を置いている国会議員は百六十三人で、そのうち三分の二の百十人が光熱水費ゼロで、松岡氏だけが異常に突出しています。

 市田氏は松岡氏の選挙区事務所の光熱水費が三十八万円、後援会事務所の光熱水費が年間六十六万円であること、参院議員会館の場合(国費)で計算すると、議員一人あたりの光熱水費が五十万円程度しかかからないことをあげ、年間五百万円を超す光熱水費の異常を指摘。「虚偽記載の疑いが濃い。犯罪行為の疑いが濃い」とのべました。

 市田氏は、「そうなれば、政治資金規正法第九条(違反)で、禁固三年以下もしくは五十万円以下の罰金という刑事罰になる」「ほかで使ったものを領収書がいらない議員会館の事務所に投げ込んでいるという疑いが極めて濃い」と指摘しました。

 司会の田原総一朗氏が「証人喚問をやるべきか」と質問。市田氏は「当然やるべきだ。これだけ虚偽の疑いが強いことを言っている大臣だったら罷免だ。かばう安倍内閣の責任は極めて大きい」と発言しました。


松岡農水相の資金管理団体の光熱水費(2001―05年)

01年 659万2574円
02年 779万2574円
03年 416万7285円
04年 518万3752円
05年 507万6331円
合計2881万2516円
〈注〉政治資金収支報告書で作成



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。