Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年2月25日(日)「しんぶん赤旗」

共産党の役割光る

新婦人内後援会交流会

市田書記局長が講演


 二大選挙勝利めざす日本共産党新婦人内後援会全国交流会が二十四日、東京都文京区で開かれ、日本共産党の市田忠義書記局長が講演しました。

 市田氏は、いっせい地方選挙、参議院選挙の重大な意義についてのべたあと、格差と貧困、憲法と平和、政治とカネなどどの問題をとっても、いまほど日本共産党の役割が光っているときはないこと、民主党が自公政権との対抗軸をまったくもちえていないことを事実を示しながら解明し、「いま頑張れば前進できる情勢です。自公政権にも民主党にもあきたらず模索している広い有権者の怒りと要求を共有しながら日本共産党の値打ちを語り、働きかけてほしい」と訴えました。

 総会では、新婦人中央本部内後援会代表委員の高田公子さんが開会あいさつ。教基法改悪反対の歴史的たたかいでの共産党国会議員団の奮闘にふれ、「二つの選挙を通じて日本共産党を躍進させ、女性と子どもの未来を切り開きましょう」とよびかけました。

 各地の後援会員がとりくみを交流。「五千回のハンドマイク宣伝をしてきた。『なぜ大企業だけを優先するのか、生活できない』『政治が悪すぎることをもっとしゃべってほしい』など、訴えれば訴えるほど反響が寄せられ、力づけられている」、「女性・母としての願いと要求をむすびつけての対話を広げ、くらしと政治がむすびついていることを知らせていきたい」などの発言が続きました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。