Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年2月1日(木)「しんぶん赤旗」

柳沢発言

予算審議前に罷免を

志位委員長・市田書記局長が首相に申し入れ


写真

(写真)塩崎官房長官に申し入れに向かう志位委員長(中)、市田書記局長(右)、穀田国対委員長=31日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長と市田忠義書記局長、穀田恵二国対委員長は三十一日、安倍晋三首相にたいし、「女性は子どもを産む機械」と発言した柳沢伯夫厚生労働大臣の罷免を求める申し入れをおこないました。

 志位氏らは、国会内で対応した塩崎恭久官房長官に申し入れ書を手渡しました。

 申し入れで志位氏は、発言は、国民の人権をまもる厚労相の発言として二重に許しがたいものであり、首相がこの問題でけじめをつけられなければ安倍内閣全体の人権へのモラルが、柳沢大臣と同じレベルになると強調。今後の予算委員会では、国民の暮らしの問題が重大なテーマになるだけに、予算委員会の審議をまともなものにするうえでも、予算審議が始まる前に罷免の決断をすべきだと強く求めました。

 また、塩崎官房長官が「厳重注意した。女性を傷つける発言で申し訳ない」とのべたのにたいし、志位氏が「どういう意味で傷つけたという認識か。女性の人間としての人格と尊厳を否定したという認識があるか」とただすと、同長官は、「それに近いものがある」と返答しました。

 申し入れ後、志位氏は記者団にたいし、「女性の人格と尊厳を傷つけたことを事実上認めた発言だ。いよいよもって大臣の資格なしということになる」と語りました。

 日本共産党の志位和夫委員長は三十一日午後、河野洋平衆院議長を訪ね、安倍晋三首相にたいし柳沢伯夫厚生労働相の罷免を申し入れたことを報告するとともに、「この問題の前向きの解決のためにご尽力願いたい」と要請しました。

 河野議長は「承りました」と答えました。


首相への申し入れ(全文)

 柳沢伯夫厚生労働大臣が「女性は子どもを産む機械」と発言したことは、きわめて重大です。これは、女性の人間としての人格と尊厳を否定する絶対に許すことのできない最低・最悪の発言です。わけても、福祉、健康、労働における国民の人権をまもることを職責とする厚生労働大臣の発言として、二重に許しがたいものです。

 総理は、「厳重注意をした」とのべていますが、それでことをすませられるような問題ではありません。この問題でのけじめがつけられなければ、安倍内閣全体の人権へのモラルが、柳沢大臣と同じレベルになることになります。

 日本共産党は、柳沢大臣の罷免を強く要求します。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。