Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年12月16日(土)「しんぶん赤旗」

参院本会議

共・社が問責決議案

市田書記局長 「提出 当然の責任」


 日本共産党と社民党は十五日午後、安倍首相に対する問責決議案を参院に共同提出しました。十四日に行われた野党四党の書記局長・幹事長会談では、四党の共同提案を合意していましたが、民主党は応じませんでした。

 決議案提出後、日本共産党の市田忠義書記局長は又市征治社民党幹事長とともに記者会見し、民主党との共同提出にならなかった点について、記者団に問われ、「公党間の合意違反であり重大だ。その背景には政策の不一致がある。民主党は、教育基本法改悪について、政府案とほとんど変わらない修正案を出していたからだ」と指摘しました。

 また、「民主党は会期が延長された以上、安倍首相の問責決議案を『出しても廃案に追い込めない』などとしているが、国民の声にこたえて政党としての意思を示すのは当然の責任だ。合意のほごは公党間の信義にかかわる問題だ」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。