Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年10月18日(水)「しんぶん赤旗」

日本被団協が50年式典

被爆者運動の役割 語り合う


 ことし結成五十周年を迎えた日本被団協(日本原水爆被害者団体協議会)は十七日夜、東京都内で記念式典と祝賀会を開きました。「再び被爆者をつくるな」と世界中に訴えてきた半世紀の歩みを振り返り、決意を語り合いました。

 祝賀会には、各界から二百人が参加。広島で被爆したピアノの演奏後、坪井直代表委員は「核兵器廃絶と国家補償による被爆者援護という被爆者の初心の実現めざし、頑張っていこう」と呼びかけました。

 各党代表が登壇。日本共産党から市田忠義書記局長、笠井亮衆院議員らが出席しました。市田氏は、北朝鮮の核実験に対し、政府・自民党の一部から核武装論まで公言されていることを批判しました。「報復でなく、被爆の惨禍を繰り返させない」と自らのつらい体験を語ってきた被爆者の運動が、「核兵器のない世界」「紛争の平和的解決」という流れへ世界を大きく動かしているとあいさつしました。

 祝賀会に先立つ記念式典では、藤平典代表委員が「私たちの体験をとおして人類の危機を救おう」(結成大会宣言)と五十年間、数々の困難を克服してきた被団協の歴史を語りました。

 半世紀前の第一、二回原水爆禁止世界大会で声をつまらせながら訴えた被爆者の当時のテープが流され、目頭をおさえる人の姿が目立ちました。

 支援の団体・個人に感謝状を贈呈。功労者として表彰された被爆者の一人、静岡の杉山秀夫さん(83)は車いすで登壇し、「ことし三回の手術を受けました。しかし、命のある限りたたかい続けます」と声をふりしぼりました。杉山さんは入院中も看護師に署名を訴えてきました。

 立命館大学平和ミュージアムの安斎育郎館長が記念講演しました。「子どもたち、孫たちに、核兵器も戦争もない世界を譲り渡す」との結成五十周年に当たっての宣言を拍手で採択しました。


反核平和の流れ強く

日本被団協50周年祝賀会

市田書記局長あいさつ

 日本被団協(日本原水爆被害者団体協議会)が十七日夜、東京都内で開いた結成五十周年の祝賀会での市田忠義書記局長の来賓あいさつ(大要)は次の通りです。

写真

(写真)日本被団協結成50周年記念祝賀会で祝辞を述べる市田忠義書記局長=17日、東京都港区

 日本被団協の五十周年おめでとうございます。さまざまな困難を乗り越えて、世界の反核平和と人類の未来に思いをはせて、半世紀の歴史を積み重ねてこられたみなさんに心から敬意を表します。

 北朝鮮が核実験を強行したことは絶対に許されない蛮行であり、強く抗議します。私たちはこの事態に際し、国際社会の一致した対応、平和的外交的解決に力を尽くすことを主張してきました。

 こういう立場に立った非軍事の制裁決議が国連で全会一致で採択されたことを歓迎します。

 ところが日本政府や自民党の一部には、「目には目を」と言わんばかりに「核武装」を主張したり、とにかく軍事的対応をという、平和的解決に逆行する議論が横行しています。絶対に許すことはできません。

 核兵器のない世界、紛争の平和的解決を求める流れは、確実に大きくなっています。みなさんが「報復ではなく、被爆の惨禍を世界のどこであっても繰り返させてはならない」と、つらい体験を訴えられてきたことが世界中に大きな共感を呼んできました。

 とりわけ平和について考え始めた若い世代を励ましています。世界が一致して道理ある道をすすみ、反核平和の流れをいっそう強めるよう、私たちもみなさんと力を合わせて頑張る決意です。

 原爆症の認定を求めるたたかいも国を追いつめ、重要な局面を迎えています。政府に抜本的な被爆者対策をとらせるよう力を尽くすことをお誓いします。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。