Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年10月4日(水)「しんぶん赤旗」

いかなる理由でも正当化できない

市田書記局長


 日本共産党の市田忠義書記局長は三日、メディアの求めに応じ、北朝鮮外務省が核実験を実施すると声明したことについて、次のように述べました。

 北朝鮮外務省は三日、核実験を実施すると声明した。北朝鮮が核実験を実施すれば、それは一九九二年の南北による朝鮮半島非核化共同宣言、二〇〇二年の日朝平壌宣言、二〇〇五年の第四回六カ国協議共同声明のいずれにも反し、北東アジアに新たな敵対と緊張を生み出すものとなり、いかなる理由によっても正当化することはできない。

 わが党は北朝鮮が国際的な合意を守り、核実験を実施せず、六カ国協議の場に早期に立ち戻るよう、強く求める。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。