Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年9月2日(土)「しんぶん赤旗」

小泉悪政に拍車かける

自民総裁候補 市田書記局長が感想


写真

(写真)質問に答える市田書記局長=1日、国会内

 日本共産党の市田忠義書記局長は一日夕、自民党総裁選に安倍晋三官房長官が出馬表明したことについて国会内で感想を問われ、「(麻生太郎外相、谷垣禎一財務相と)総裁選候補者が出そろったが、三人とも小泉内閣の現閣僚だ。小泉内閣は国民の暮らしと外交を壊してきたが、三人ともその反省がないどころか、格差と貧困を拡大させた『構造改革』の継続、憲法、教育基本法の改悪を公約に掲げている。小泉内閣の悪政にいっそう拍車をかけるものになる」と批判しました。

 また靖国問題でも、ニュアンスの違いがあるだけで、「過去の侵略戦争と植民地支配への反省のうえにたって『やめるべきだ』と主張している候補は誰もいない。これでは平和・友好をめざす対アジア外交の前進はない」と指摘し、日本共産党として自民党政治に正面からたたかっていく決意を表明しました。

 安倍氏の政権公約について問われて、市田氏は「安倍氏のこの間の発言や著書を含め、軽さと危うさとを感じる。安倍氏は憲法前文を『連合国への詫(わ)び証文だ』とか、『自虐史観を改める必要がある』とか言っているが、戦後世界の出発点、日本の出発点を『自虐だ』といって、先の大戦が侵略戦争だったことを否定するような発言はたいへん危ない感じがする」と述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。