Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年4月28日(金)「しんぶん赤旗」

すべての被害者 国は直ちに救済を

水俣病50年 共産党が申し入れ

環境相に


写真

(写真)小池環境相に申し入れる市田書記局長(左から2人目)、赤嶺議員(左端)、仁比議員(右端)=27日、国会内

 水俣病の公式確認から五月一日で五十年を迎えるにあたり日本共産党国会議員団は二十七日、国会内で小池百合子環境相に申し入れ(別項)をしました。

 申し入れでは、現在も多くの被害者が病気で苦しみながらまともな補償も受けられず、水俣病と名乗りをあげられない被害者も多数存在するとして、国にすべての被害者を水俣病と認め、救済することを求めています。

 市田忠義書記局長(参院環境委員)は「最高裁判決や国会決議をふまえ、環境省として検討をお願いしたい」とのべ、小池環境相は申し入れ書を受け取り「承りました」と答えました。

 申し入れには赤嶺政賢衆院議員、仁比聡平参院議員が参加しました。

申し入れ全文

 申し入れの全文は以下の通り。

 1、発生当初からの資料を公表し、不知火海沿岸地域の健康・環境調査を国の責任で直ちに行い、水俣病被害の実相を明らかにすること。

 2、最高裁判決をふまえた司法救済を求めて提訴している被害者の思いを正面から受けとめ、司法救済システムの確立に応じること。

 3、最高裁判決や新たな知見をふまえて、これまでの極めて厳しい行政認定基準を改めること。

 4、公式確認50年を節目として、後世の教訓として、公害の原点である水俣病の全面的な調査研究と検証を国の責任で行うこと。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。