Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年1月30日(月)「しんぶん赤旗」

「規制緩和」「官から民へ」

方向そのものが間違い

NHK討論で市田書記局長


 通常国会開会後、初めての与野党書記局長・幹事長討論が二十九日、NHK番組「日曜討論」で行われました。小泉「構造改革」路線の破たんの象徴であるライブドア事件、耐震強度偽装事件や、アメリカいいなり政治の典型である米国産牛肉輸入問題などをめぐり討論。日本共産党の市田忠義書記局長は、一連の問題の背景にある「構造改革」の名による規制緩和路線を「方向そのものが間違っている」と批判しました。

 ライブドアの堀江貴文前社長を先の総選挙で「わが息子」と持ち上げ批判されている自民党の武部勤幹事長は討論を欠席。公明党の冬柴鉄三幹事長も欠席しました。市田氏は「国政上の重大問題が山積している。立場が違っても議論をぶつけ合って国民に判断していただくのが民主主義だ。欠席は国民の理解を得られない」と批判しました。

 ライブドア事件と小泉「構造改革」とのかかわりについて、与党は「結びつけてはいけない。『官から民へ』などの大方針は正しい」(自民党・逢沢一郎幹事長代理)と打ち消しに躍起。耐震強度偽装事件をめぐっても「建築確認制度を民間にも広げたことは(検査の人手を増やすことであり)誤りではない」(公明党・太田昭宏幹事長代行)との考えを示しました。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は「規制緩和の方向は間違いではない。一方でチェックを怠ったことが大きい」との立場を表明しました。

 これにたいし市田氏は、一連の商法「改正」が堀江氏の“錬金術”を可能にしたことや、耐震偽装の根源に一九九八年の建築基準法改悪があったことなどをあげ、いずれの問題でも、根本には「構造改革」路線、規制緩和万能路線があると指摘。「ここにメスを入れない限り、解決策も出てこない」と主張しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。