Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2005年9月20日(火)「しんぶん赤旗」

日本原水協

創立50周年のレセプション

市田書記局長あいさつ 駐日大使ら150人参加


写真

(写真)「日本原水協創立燎周年記念レセプション」であいさつする市田忠義書記局長=19日、 平和と労働センター・全労連会館

 日本原水協の創立五十周年を記念するレセプションが十九日夜、東京都内で開かれました。キューバ、エジプト、ラオス、ベトナムの駐日大使らをはじめ、各界の団体や個人など百五十人が参加しました。

 歓迎のあいさつをした高田公子代表理事(新日本婦人の会会長)は、「核戦争阻止、核兵器廃絶、被爆者援護・連帯」の三つをしっかりと掲げるなかで、原水爆禁止運動がゆるぎなく前進してきたとのべ、とくに被爆者が大きな役割を果たしてきたと謝意をのべました。「核兵器のない平和で公正な世界」をめざして頑張ろうと語りました。

 来賓として、日本被団協の田中熙巳事務局長が、日本原水協の結成で被爆者は励まされてきたとあいさつ。今年の原水爆禁止世界大会で青年がグループに分かれ、被爆者の聞きとりをしたことにも触れ、「もっともっと被爆者の訴えを聞いてください」と呼びかけました。

 日本共産党からは市田忠義書記局長、緒方靖夫参院議員、笠井亮衆院議員、浦田宣昭・国民運動委員会責任者らが出席しました。

 市田氏は、最初に北京で開かれてきた六カ国協議の結果についてのべ、会場から大きな拍手がおきました。市田氏は、今年の世界大会国際会議の宣言を紹介しながら、核兵器廃絶という人類の生存をかけたたたかいで日本原水協が果たした役割はきわめて大きいと指摘。日本共産党もみなさんと連帯し、国会内外で全力をあげて奮闘するとのべました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。