Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2005年8月26日(金)「しんぶん赤旗」

憲法守る議席取り戻そう

高知・松山 市田書記局長が演説


 日本共産党の市田忠義書記局長は、二十四日夜、高知市の県民文化ホール・オレンジで開かれた大演説会、二十五日昼、愛媛県松山市の松山市駅前の街頭演説にのぞみました。

 日本共産党が議席を失っている衆院比例四国ブロック。四国の党は「前回の一・七倍の得票で四国から党議席を」と奮闘中です。

 高知市では約千四百人が参加。元衆院議員の春名なおあき比例・高知1区候補と、二人の小選挙区候補が演説。落選の翌日から街頭に立ち四国四県をかけめぐってきた春名候補は、自民党・公明党政権の「弱きをくじき、強きを助ける最悪の政治」、「構造改革」のスピードを競う民主党と対決し、憲法九条を守る「日本共産党の議席の重み」を語りました。

 松山市では、約七百人の聴衆。林のりこ比例候補、四人の小選挙区候補が演説。林候補は、自民党のスローガンを引用しながら「構造改革」を「急いでとめなきゃおおごとだ」とし、リストラ、郵政民営化、サラリーマン増税をとめる日本共産党をと呼びかけました。

 市田書記局長は、高知市内での演説で、戦後六十年の節目の年に、自民党は憲法九条を変えて「自衛軍の保持」を盛り込もうとし、民主党も改憲を競い合っていると指摘。憲法に条項を加える「加憲」を主張している公明党については、「『加憲』とは分かりづらいですが、間に『い』を入れるとよく分かるんです。『かいけん』です」とズバリ批判。改憲派の狙いが「海外で戦争する国をつくること」だと浮き彫りにしました。

 松山市内での演説でも、若い画学生が心ならずも戦死に追いやられた歴史も語りながら、「国民のなかには、憲法九条を守り抜く、深いエネルギーがあると確信している」と強調。「憲法を守り抜く日本共産党の議席をなんとしても国会へ」と呼びかけ、大きな拍手につつまれました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。