Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2005年8月9日(火)「しんぶん赤旗」

悪政に立ち向かい議席増目指す

NHK番組で市田書記局長


 日本共産党の市田忠義書記局長は八日夜、NHK「ニュース7」のインタビューに対し、「郵政民営化法案が否決・廃案になったのは国民世論の勝利」とのべ、解散について「国民はまともな政治の実現を願っており、主権者として一票を投じる機会がきたことを歓迎していると思う」と語りました。

 内政・外交にわたる自民党政治のゆきづまりを指摘し、「この八方ふさがりに目もくれないで郵政民営化だけに熱中する。それに対する広範な国民の批判、社会の閉塞(へいそく)感を打ち破りたいという気持ちが今度の解散の土台にあるのではないか」と語りました。

 さらに、選挙戦ではサラリーマン増税や消費税増税、憲法改悪への対応が問われるとし、「二大政党が増税でも改憲でも同じレールの上で競い合っているもとで、『どんな問題でも国民の立場に立ち、悪政に立ち向かってがんばる確かな野党、日本共産党が必要だ』ということを、国民のみなさんに力強く訴えて前進を勝ち取りたい」とのべました。

 勝算を問われ、(国政選挙で押しこまれたところから)この間の一連の中間選挙でかなり押し戻す結果を出していることを強調。「すべての比例ブロックで議席を獲得して議席を増やす。小選挙区でも堂々とたたかって風穴をあけられるように力を尽くしたい」と決意を語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。