Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 調査・懇談など

2016年11月27日(日)

住民反対ソーラー 中止を

大津 市田副委員長ら予定地視察


写真

(写真)住民の説明を聞く市田副委員長(中央)と、節木滋賀県議(その右)、杉浦大津市議(左から2人目)=26日、大津市

 再生可能エネルギーの普及が求められる一方、乱開発によるメガソーラー(大規模太陽光発電施設)建設が各地で問題になっています。日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は26日、大津市国分(こくぶ)の太陽光発電所建設予定地を視察し、住民から説明を聞きました。

 予定地は、音羽山風致地区にある山の急斜面です。3年前の台風では、三田(さんた)川の氾濫で住宅が倒壊し、土石流も発生しました。自治会は、森林伐採による洪水・土砂災害や生態系・自然景観の破壊、ソーラーパネル設置による気温上昇・電波障害などへの不安から、建設に反対しています。

 もう一つの住民の不安は、事業者の住民無視の姿勢です。この事業者は今年3月、予定地と同じ地区に太陽光発電所を建設。住民への工事説明もなく無責任な工事を強行しました。琵琶湖国定公園の森林を無断伐採し、滋賀県から是正勧告を受けています。

 視察を終えた市田氏は、「住民説明と同意は不可欠。住民が反対しているのだから建設は中止すべきだ。県と国に、党として要望していきたい。国の規制も不十分。国会でも取り上げたい」と語りました。

 節木三千代県議、杉浦智子大津市議が参加しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。