Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 調査・懇談など

2015年12月13日(日)

「国民連合政府を」各界と懇談

茨城 県内有識者と市田副委員長

「雑音に勝ち野党共闘を」


写真

(写真)茨城県内の有識者と懇談する市田副委員長(正面)ら=12日、茨城県取手市

 日本共産党の市田忠義副委員長(参院議員)は12日、戦争法廃止の「国民連合政府」提案について茨城県内の有識者と懇談しました。この日、同県取手市内で開かれた演説会に先立ち行われたものです。

 懇談には、同県土浦市在住の二見伸明氏(元公明党副委員長)、市川紀行氏(戦争をさせない茨城県1000人委員会世話人、元美浦村村長)、宇津野登久子氏(戦争法撤回を求める取手文化の会呼びかけ人、元大学教員)、遠藤俊夫氏(総がかり取手行動実行委員会委員長、元藤代町公民館館長)、谷口公氏(元日本教職員組合本部役員)、中山熙之氏(阿見町九条の会事務局長)、福田勝夫氏(土浦革新懇代表世話人)が出席しました。

 二見氏は、「来春の北海道5区の衆院補選で、いろんな雑音をふりはらって野党がまとまってほしい」と要望しました。

 市川氏は、国民連合政府の提案について「これだと思った。安倍政権は、戦後唯一のならず者内閣」とのべました。

 宇津野氏は、「提案は、目を見張る思い。戦争がおこれば、基本的人権がふみにじられる」と語りました。

 取手市で総がかり行動として5回の集会・デモにとりくんできたと紹介した遠藤氏は、「提案実現へ、市民が全国でもりあげていけたら」とのべました。

 市田氏は、「国民連合政府の提案を実らせるのは容易ではありませんが、大義のある中身です。われわれもがんばります。世論と運動で後押しをしていただきたい」と呼びかけました。

 日本共産党からは田谷武夫茨城県委員長、小林きょう子・参院茨城選挙区候補が同席し、塚越恵子・元県議が司会を務めました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。