Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 調査・懇談など

2015年5月2日(土)

福島・中間貯蔵施設の予定地

視察、地権者と懇談

市田副委員長、島津衆院議員ら


写真

(写真)中間貯蔵のための一時保管場を視察する市田副委員長(左から3人目)、島津衆院議員(同4人目)、いわぶち参院比例予定候補(左端)たち=4月30日、福島県大熊町

 原発事故に伴う除染で出た土壌を搬入するため福島県大熊、双葉両町に建設する中間貯蔵施設の予定地を、日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員、島津幸広衆院議員が4月30日、視察しました。

 いわぶち友参院比例予定候補、福島県の神山えつこ、あべ裕美子、宮川えみ子、長谷部あつし、宮本しづえの5県議が同行。その後、一行は同県いわき市内で同施設の地権者会の人たちと懇談しました。

 国は、中間貯蔵施設での管理・保管の開始後30年以内に、県外で最終処分するとしています。地権者との交渉難航にもかかわらず、県内43市町村から汚染土壌や廃棄物を1年間試験輸送する計画。3月中旬から大熊、双葉両町、田村市から試験搬入が始まっています。

 市田氏らは、環境省中間貯蔵施設浜通り事務所の藤塚哲朗所長の案内で、東京電力福島第1原発敷地周辺の予定地を視察。試験搬入された、汚染土壌の入った袋の積み上げが始まっている保管場などを見ました。

 懇談では「30年中間貯蔵施設地権者会」の門馬幸治会長が「私たちは建設に反対なのではない。福島の復興のため必要な施設だと認識している。しかし、私たちの土地は先祖代々築きあげてきたものであり、地権者の声を聞かず、試験輸送も何の説明もなく始まっていることに怒りを覚える」と話しました。

 市田氏は「原発事故は国と東電に責任があり、道理は皆さんにある。国会でも地元の声をもとに追及していきたい」と述べました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。