Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2013年12月18日(水)

連帯強め建設阻止へ

高江ヘリパッド

沖縄 市田書記局長が住民と懇談


写真

(写真)高江で抗議行動をする人たちと懇談する市田忠義書記局長(右)=17日、沖縄県東村

 日本共産党の市田忠義書記局長は17日、集落近くに米軍の新たなヘリパッド(着陸帯)6カ所の建設が強行されようとしている沖縄本島北部の東村高江を訪問し、住民らと懇談しました。

 1996年のSACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)合意に基づくものですが、住民らの24時間態勢での座り込み・監視により、建設計画は大きく遅れています。

 建設予定地近くで6人の子どもを育てながらカフェを営む安次嶺雪音(あしみね・ゆきね)さんは、先日も学校の上空をオスプレイが2機、飛行したのを目撃しました。「人間にも不快なオスプレイの低周波音は、ヤンバルの小動物にも影響を与えます。子どもたちに豊かな自然を残したい。多くの人に支えられて監視を続けていますが、一日でも早くこの状況を終わらせて、ふつうの生活がしたい」と訴えました。

 市田氏は7年近く続く座り込みに敬意を表しました。その上で「豊かな自然を戦争の拠点にしないためにも、全国での連帯を強めていきたい」と激励。さらに来年1月19日投票の名護市長選について、「ここで勝利することは、高江にも大きな影響を与える」と指摘し、辺野古の新基地建設を許さない稲嶺ススム市長が再選すれば、辺野古と一体である高江のヘリパッド阻止にもつながるとして、全力を尽くしていくことを訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。