Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2013年3月10日(日)

語り継ぐ 東京大空襲

東京・上野公園 体験者ら式典


写真

(写真)「時忘れじの塔」で開かれた記念式典=9日、東京・上野公園

 エッセイストの海老名香葉子さんが中心となり、東京都台東区の上野公園に建てた「慰霊碑・哀しみの東京大空襲」と「平和の母子像・時忘れじの塔」で9日、東京大空襲を語り継ぎ平和を祈る「時忘れじの集い」が開かれ、空襲体験者など、多数の市民が参加しました。今年で9回目。

 海老名さんは空襲で4歳の弟を含めた家族6人を失いました。「火の中を逃げた人はどんな気持ちだったでしょう。生き残った私たちは今日を生きるのがやっとでした。人が人を殺してはいけません。戦争が二度と起きないよう、子から孫に伝えていかなければと思います」と、かみしめるように話しました。

 電話交換の業務につき続け、炎に焼かれた墨田電話局の28人の女子交換手と3人の男性職員の実話「死んでもブレストを」(作・早乙女勝元)を、台東区立忍岡中学校の学生が朗読しました。

 日本共産党の市田忠義書記局長、小池晃副委員長・参院比例予定候補、吉良よし子参院東京選挙区予定候補が参加しました。

 あいさつした小池氏は「無差別爆撃は卑劣であり、悲惨な結果を生むもので、許すことはできません。国会では『憲法を変えよう』という動きが強まっていますが、『戦争を繰り返してはならない』という、みなさんの思いに応えるためには、憲法を実現する政治こそが必要です」とのべました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。