Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2012年11月6日(火)

オスプレイ 県民望まぬ

市田氏懇談 宜野湾市長・伊江村長と


写真

(写真)大城勝正伊江村長(左)と懇談する市田忠義書記局長=5日、沖縄県伊江村

 日本共産党の市田忠義書記局長は5日、オスプレイが配備されている普天間基地を抱える沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長、オスプレイによる訓練が激化している同県伊江村の大城勝正村長と懇談しました。

 佐喜真市長は、市民あげてオスプレイ配備に反対してきたことを挙げ、「宜野湾市民も他の市民と同じように福祉やくらしが充実した生活を望んでいるのに、普天間基地を抱えているがゆえにいびつな生活を強いられている」と指摘。また、米軍が「市民広場」や無料駐車場として開放していた普天間基地の一部を突然、閉鎖して少年野球チームが練習場所を失ってしまうなどの実情を訴えました。

 大城村長は、オスプレイが重たいコンクリート・ブロックをつり下げて何往復も飛行したようすを目撃したと語り、「日米両政府には配備を撤回してもらいたい」と述べました。

 さらに、「村議会でも2回、配備撤回の決議が可決された。県民が望んでいないものをなぜ、配備するのか。われわれとしても理解できません」と不信感を表明しました。

 また、米軍がオスプレイの普天間基地配備に伴って作成した「環境レビュー」では、伊江島で訓練する際、海上から着陸し、海へ抜けていくことになっていますが、実態は集落の上空を飛行していることが同村の1カ月にわたる調査で判明したことを挙げ、「今後もオスプレイの飛行を注視したい」と述べました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。