Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2011年11月17日(木)

原発事故で二本松市に避難

浪江町長と市田氏懇談


写真

(写真)懇談する市田忠義書記局長(右手前から2人目)と浪江町の馬場有町長(左)=15日、福島県二本松市

 日本共産党の市田忠義書記局長は15日夕方、福島県二本松市内で県議選(20日投票)での党推薦候補の応援演説後、原発事故のため町ごと避難している浪江町の馬場有(ばば・たもつ)町長と懇談しました。

 二本松市内の県男女共生センター内に設けられた町役場会議室で町幹部と、日本共産党の久保田仁県委員長、馬場績浪江町議らが同席しました。

 市田氏は、10月30日の「なくせ!原発 ふくしま大集会」での馬場町長の発言にふれ、「短い中に町民の思いが込められ、思わず涙が出ました」とあいさつしました。

 「思いを聞いていただく機会を持ってもらい、感謝します」とのべた馬場町長。2万1000人弱の町民が県内と全国44都道府県にバラバラにされたとのべ、「放射能除染が帰れるかどうかのカギ」と強調しました。

 「今も焼き付いているのは、原発爆発の翌13日、避難地を慰問してまわったとき、たくさんの子どもたちや妊婦さんがいた光景です。被ばくしていたら大変なことだ」と馬場町長。事故の連絡も情報も後で知らされ、「これは許されないことだ」と国や東電をきびしく批判しました。

 馬場町長は最後に、「除染・賠償・健康管理調査の3点を強く訴えたい」と力説、町職員から来年度予算編成にあたっての財政面の保障や教育面の要求などが出されました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。