Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2011年8月10日(水)「しんぶん赤旗」

平和式典 長崎市長が平和宣言

市田氏が参列


 7万4千人もの尊い命を一瞬のうちに焼きつくした長崎への原爆投下から66年の9日、長崎市の平和公園で市主催の平和式典が開かれました。

 犠牲者追悼に参加した5600人を前に、世界で唯一の被爆者の合唱団、「被爆者歌う会・ひまわり」が「もう二度と」を合唱しました。原爆が投下された時刻の午前11時2分の黙とうのあと、田上富久市長が「長崎平和宣言」を読み上げました。

 田上市長は、福島第1原発事故にふれて、放射線が社会に大きな混乱を引き起こしている事態に言及。「核兵器の使用がいかに非人道的なことか、私たちははっきりと理解できるはずです。核兵器を人類が保有する理由は何もありません」とのべました。その上で、「核保有国をはじめ国際社会は、今こそ『核兵器禁止条約』の締結に向けた努力を始める時」と訴えました。

 被爆者を代表し、松尾久夫さん(83)が、原爆で家族5人を失った悲しみを語り、「私の残りの人生を核兵器のない世界、放射能に脅かされない平和な世界の実現に尽くす」と誓いました。

 日本共産党を代表して市田忠義書記局長が参列。献花し犠牲者を追悼しました。

 式典には今回初参加のアメリカをはじめ、ロシア、イギリス、フランスの核保有大国をはじめ44カ国の代表が出席。新たに3288人の名前が原爆死没者名簿に加わり、15万5546人となりました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。