Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2011年4月14日(木)「しんぶん赤旗」

岩手県議会議長が支援要請

党本部訪問 市田・穀田氏「全力」


写真

(写真)市田忠義書記局長(左から2人目)、穀田恵二国対委員長(左)に要請する岩手県議会佐々木一栄議長(右から2人目)、小野寺研一副議長(右)=13日、日本共産党本部

 岩手県議会の佐々木一栄議長と小野寺研一副議長は13日、日本共産党本部を訪問し、東日本大震災の被災者救援と復興に関する緊急要請を行いました。市田忠義書記局長と穀田恵二国対委員長が応対し、党として全力をあげる決意を述べました。

 佐々木氏は、国による迅速な支援が不可欠だと強調し、被災自治体がニーズに応じて使える自由度の高い交付金の創設を要請。家や車を失った被災者への生活支援が「復興の原点」だと述べ、そのための基金創設を求めました。

 また、仮設住宅の建設用地を十分に確保できておらず、早期建設に向けた国の総合的な支援が必要だと訴えました。被災地はもともと少子化、過疎化、医師不足などで厳しい条件に置かれてきた地域だと述べ、きめ細やかな対策を求めました。

 市田氏は被災者の生活支援と地域のコミュニティー再建、農林漁業と中小企業への支援に党として全力をあげたいと語りました。その際、「地元のみなさんの思いを尊重し、上からの復興計画押し付けにならないよう政府に求めていきたい」と強調しました。

 市田氏はさらに、仮設住宅に希望者全員が入れるように早期建設を促す決意を表明。個人補償の上限(現行は全壊でも300万円)について、日本共産党が3月31日に政府に引き上げを提起し、菅直人首相が「必要」と認めたことを紹介すると、佐々木氏は「雇用(への支援)と一体で、ぜひそこをお願いしたい」と述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。