Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年11月7日(日)「しんぶん赤旗」

青年議員・候補が大集合

「願いどんどん ぶつけたい」

市田さんあいさつ


写真

(写真)若者の広場に集まった青年議員、候補者ら。前列右から5人目は市田忠義書記局長=6日、東京都江東区

 「私たちの願いをどんどんぶつけたい」「候補に決まったばかりです」―。「青年議員・候補者・サポーター大集合」では、青年学生委員会の坂井希事務局長が司会をし、北海道から福岡までの20代、30代の議員・候補者35人が、1人45秒のスピーチをしました。約250人に人垣が増えました。

 4月まで大手銀行に勤めていた庄司あかり仙台市議候補=若林区=(25)が「買いたたかれ赤字覚悟の中小企業を見てきて、政治の責任で公平なルールを作りたいと思いました。共産党から立候補しますと言って退職しました」と発言すると、「おー」と驚きの声が上がりました。

 飛び入りで発言した埼玉県草加市の佐藤のりかず市議(25)は「10月、初当選しました。住民要求の実現のために市民といっしょに運動してきました。いっぱい動いて勝ちましょう」と、アドバイスをしました。

 市田忠義書記局長があいさつし、「みなさん短時間に個性的で印象に残る話をされました。テレビ討論を代わってもらおうかと思いました」と切り出すと、どっと笑いが起こりました。市田氏は「若い人が若い目線で頑張ることは、日本にとって希望です」と語りました。

 東京都中央区の奥村暁子区議候補(38)の応援にきた妹の鈴木裕子さん(35)は「思った以上に明るく軽やかな若い人が多く『この人たちがやってくれる』と、期待がもてた」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。