Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年5月15日(土)「しんぶん赤旗」

県民優先姿勢は同じ

奈良知事と市田書記局長懇談


写真

(写真)懇談する荒井奈良県知事(中央)と市田書記局長。左端は太田参院予定候補、その右は山村県議、右端は沢田党県委員長=14日、奈良県庁

 日本共産党の市田忠義書記局長は14日、奈良県庁で、荒井正吾県知事と懇談しました。懇談には沢田博奈良県委員長、山村幸穂県議、太田あつし参院奈良選挙区予定候補が同席しました。

 市田氏は、「今日はお会いできてうれしいです。こうした機会を設けてもらい、ありがとうございます」と謝意を伝え、荒井氏が知事就任時に、「仕えるべき相手は県民。上司は県民」との訓示を述べたことを、日本共産党の「国民は主人公」という立場と共通のものがある、と指摘しました。

 荒井知事は「今でもそう言っています」と答え、県民を優先させる姿勢を堅持していることを表明。「苦労は多いですが、与えられた仕事に全力を尽くしたい」と話すとともに、日本共産党県議の議会質問は、「理屈があるから議論していておもしろい」と評価しました。

 市田氏が、「道州制や関西広域連合に反対していますね」とたずねると、荒井知事は「うわついたことは嫌いです」と話し、鳩山政権が進める行政刷新会議の事業仕分けについても批判的な姿勢を示しました。

 自民党参院議員でもあった荒井知事は、参院法務委員会で日本共産党の井上哲士議員とともに審議を重ねた話を披露し、「あの時はいろいろとお世話になりました」と話しました。太田候補に対しては、「共産党は社会のバロメーターです。がんばってください」と激励しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。