Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年4月6日(火)「しんぶん赤旗」

若者には勝利の喜びも社会進歩へ羅針盤手に

市田書記局長が青年と懇談

和歌山


写真

(写真)話し合う市田忠義書記局長(奥、左)、吉田まさや参院和歌山選挙区候補(その右)と青年たち=4日、和歌山市

 日本共産党の市田忠義書記局長は4日、和歌山市内で開かれた党演説会終了後、参加した青年ら24人と懇談しました。題して「いっちーと青年で話す会」。「言うことはその通りなのに、なぜ議席が少ないのか」という率直な疑問から、沖縄・普天間基地「移設」問題、大学も含めた学費無償化など、幅広い質問・要望の一つひとつに市田氏は丁寧に答えました。

 議席数に疑問を投げかけたのは、演説会に初参加した国立大2年生の男性(19)。市田氏は、大政党に有利な小選挙区制度や反動勢力による妨害・圧力の実態を紹介した上で、制度と反動シフトを打ち破るため「自力で風を起こす努力が必要」だと応じました。

 事務職の女性(32)が質問した、普天間基地が国外に出た場合の県内経済の影響について、市田氏は「基地に依存している限り経済発展はない」と強調。観光産業の発展や特産品の育成には「植民地的状況をなくすべき」だと語りました。

 「なぜ国会議員になったのか」との声には「人前で話すのは苦手だった」と照れ笑いを浮かべた市田氏。党の要請で立候補した経過を語り、「首相や大臣に正面から国民の声をぶつけることができる。議員冥利(みょうり)に尽きます」と話しました。最後に市田氏は「若者にはたたかう喜びだけでなく勝利する喜びがある。歴史の傍観者でなく社会の前進へと羅針盤を持って進んでほしい」と力強く呼びかけ、青年らは拍手で応えました。

 懇談には参院和歌山選挙区の吉田まさや候補も同席しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。