Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2009年7月4日(土)「しんぶん赤旗」

沈没漁船 引き揚げ早く

長崎沖事故 家族が共産党に要請


 4月に長崎県平戸市沖でまき網漁船第11大栄丸が沈没した事故で行方不明になっている乗組員の家族と支援者が3日、国会内で日本共産党に要請を行いました。日本共産党からは市田忠義書記局長が対応し、仁比聡平、紙智子両参院議員が同席しました。

 事故では乗組員22人のうち12人がいまだ行方不明です。船体は水深80メートルの海底に沈んでいることが確認されていますが、費用などの問題で引き揚げは行われていません。

 家族らは、(1)乗組員の早期救出(遺体収容)(2)沈没事故の際、人命救出など迅速に対応できるよう法整備、保険制度などの確立(3)遺体収容の経費および実施義務が船主にゆだねられている現行制度の改善などを求め、18万人超の署名を政府に提出しています。

 家族らは「被災した息子には小学1年と4歳の子どもがいて、嫁のおなかには赤ちゃんもいます。息子は誕生を心待ちにしていました。あまりにも救出体制が遅い」(女性=63=)「現行法ではすぐに救出にうごく内容になっていない。制度を改善して、引き揚げもしてほしい」(弟が被災した男性=30=)など口々に実情を語りました。

 市田書記局長は「人命にかかわることはお金の問題ではない。こんな状態では漁業の後継ぎもできない。再発防止のためにもみなさんの当然の要求を実現できるよう党派を超えて力を合わせてがんばりたい」と述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。