Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2009年4月6日(月)「しんぶん赤旗」

市田氏が“派遣切り”のソニー労組員らと懇談

道理はみなさんにある

長崎


写真

(写真)ソニー長崎の労働組合員たちと懇談する市田忠義書記局長(右端)ら=5日、長崎県佐世保市

 日本共産党の市田忠義書記局長は演説会のため訪れた長崎県佐世保市で派遣切りされ解雇撤回・補償と直接雇用を求めてたたかっているソニー長崎ワールドインテック分会の組合員らと五日、懇談しました。組合員ら六人からソニーの工場での労働実態などを聞き取りました。

 ソニー長崎ワールドインテック分会の組合員らはソニーのグループ会社・ソニーセミコンダクタ九州(諫早市)で働き一月末で派遣元のワールドインテック(W社)を解雇されました。その後二十人が組合をつくりこれまでに団体交渉や労働局への申請を行ってきました。組合員のなかには二十年間働いてきた人もいるといいます。

 分会長の男性(33)は五年四カ月間、同じ工場で働いてきたといいます。「(期限のない)常用雇用だった。偽装請負だったと今労働局に申請している」と話しました。

 演説会にも参加した男性分会長は「初めて聞いたけどユーモアがあって印象と全然違った。大企業寄りに法律がなっていると感じている。そんななかで共産党が自分たちの立場に近いと思う」と感想を語りました。

 別の男性(33)は四年間働いてきたにもかかわらず派遣切りされました。仕事を失いアパートでの一人暮らしに「本当に大変です」と訴えました。

 市田氏は「道理はみなさん側にある。今は苦しいでしょうが歯を食いしばって頑張ることが(解雇撤回・補償に向けた)カギ。また労働者の権利を守るためにも社会と政治を変えることが必要です。これからも一緒に頑張っていこう」と呼びかけました。

 懇談には赤嶺政賢衆院議員、田村貴昭、ふちせ栄子両衆院九州・沖縄比例候補、山下満昭党長崎県委員長が同席しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。