Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2009年1月22日(木)「しんぶん赤旗」

不発弾処理 国の責任

市田書記局長 糸満市長要請に


写真

(写真)上原裕常糸満市長(左から3人目)から要請を受ける日本共産党国会議員団。右から2人目は市田忠義書記局長=21日、国会内

 日本共産党の市田忠義書記局長は二十一日、国会内で沖縄県糸満市の上原裕常市長、市議会各会派の代表らと会い、重軽傷者二人を出した同市での不発弾爆発事故(十四日)について要請を受け、懇談しました。

 上原市長らは、事故の補償や不発弾除去などを国の責任で行うよう要請。市田氏は「国が責任をもって補償や不発弾探査をやることは当然です。日本共産党も力を入れてこの問題に取り組んでいきます」と述べました。赤嶺政賢衆院議員、仁比聡平参院議員が同席しました。

 不発弾爆発事故は、沖縄戦で使われた米国製爆弾によるものとされています。要請書は「糸満市民をはじめ全沖縄県民に戦争時の恐怖を想起させた」と指摘。▽不発弾の除去、処理を国直轄事業で実施する▽公共、民間事業を問わず不発弾の安全調査に関する費用は国が負担する―などを求めています。

 上原市長は「沖縄県内の不発弾処理は、あと八十四年かかるといわれている。また同じような事故が起きるかもしれない。国は戦後処理の一環として早急な対応を」などと訴えました。

 砂川金次郎市議会副議長は、爆発で多数の窓ガラスが割れた特別養護老人ホームでは、ガラス部分をベニヤ板でふさいで日の光が入らず、戦争体験者も多い入居者が、「多大なストレスを感じている」と述べました。

 市田氏らは「住民や、みなさんにはまったく責任はありません。不発弾は戦争の“爪あと”で、国の責任は明白です。国会でも立場を超えて結集して取り組む問題です」と応じました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。