Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2008年7月4日(金)「しんぶん赤旗」

“正義は漁民の側に”

諫早原告団に市田書記局長


写真

(写真)「よみがえれ!有明海訴訟」原告・弁護団の要請をうける市田忠義書記局長(中央左)、仁比聡平議員(同右)=3日、国会内

 「よみがえれ!有明海訴訟」の原告・弁護団は三日、国会内の日本共産党控室を訪れ、諫早湾干拓事業で国に対し排水門開放を命じた佐賀地裁判決の実施に向けた尽力を市田忠義書記局長らに要請しました。仁比聡平参院議員が同席しました。

 馬奈木昭雄弁護団長は、「開門要求が実現するまでがんばりたい」とし、「(日本共産党に)力をかしてほしい」と述べました。

 有明海沿岸四県で漁業を営む原告らは、「干拓工事の被害を、身をもって体験している。今回が有明海再生のための最後のチャンスだ」「漁獲高は激減し、今は休漁状態。今、再生に乗り出さなければ、後継ぎもいなくなる」など、有明海の漁業被害や地域経済の窮状を口々に語り、開門実現に向けた協力を訴えました。

 漁民らの訴えをうなずきながら聞いた市田氏は、「みなさんの粘り強いたたかいが佐賀地裁の画期的な判決に結びついた」と激励。「道理と正義はみなさんの側にあります。党としても、すみやかな開門を政治決断させるために全力をあげたい」と応じて、一人ひとりと握手を交わしました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。