Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2007年10月17日(水)「しんぶん赤旗」

“水俣病被害者救済を”

ノーモア・ミナマタ国賠訴訟原告団ら

党議員団に要請


 ノーモア・ミナマタ国賠訴訟原告団と弁護団、水俣病不知火患者会は十六日、国会を訪れ、日本共産党議員団と懇談しました。市田忠義書記局長、仁比聡平参院議員、赤嶺政賢衆院議員秘書が出席しました。

 原告団の大石利生団長は「すべての被害者、一人残らず救済されるまで、たたかい続けていく」とあいさつ。弁護団の益田博文弁護士はこの間の経緯について説明し、(1)不知火海沿岸住民の健康調査などの実態調査(2)司法救済制度への理解と支援などを要請しました。

 原告団の三人が自らの体験を語りました。四十五年間、漁師業をしてきた竹部良男さん(63)は「一九九五年の政治解決の際は、四人の娘が結婚前で、名乗り出ることができなかった」。鹿児島県の吉野キクエさん(77)は涙ながらに流産や異常妊娠の体験を語り「同じような苦しみを経験した女性もいるはず。水俣病はまだ終わっていない」と訴えました。松本義徳さん(74)は「水俣ではチッソにはむかうことはとてもできなかった。その苦しみを多くの人に知ってもらいたい。解決に力を貸してほしい」と話しました。

 市田書記局長は、遠方からきた原告団らをねぎらい、「私たちは、みなさんの主張に全面的に賛成です。ともに真の全面解決を勝ち取るまで頑張ります」とあいさつし、激励しました。

 仁比議員は「与党のプロジェクトチーム案は『公平をはかる』といって、これまで手をあげられなかった被害者をさらに苦しめている。これが加害者である国、県、チッソが言うことか。つらい思いを語り始めたみなさんの声が、いま政府・与党を追い詰めています」と述べ、ともにたたかう決意を表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。