Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2006年11月14日(火)「しんぶん赤旗」

教育基本法改悪案の阻止

4野党が一致

書記局長・幹事長会談


 日本共産党、民主党、社民党、国民新党の四野党は十三日、書記局長・幹事長会談を開きました。与党側が教育基本法改悪法案を十五日の衆院教育基本法特別委員会での中央公聴会後にも採決する姿勢をみせていることに対し、断固反対するとともに、公聴会での国民の声をふまえ徹底審議をつくすべきだとの立場を確認しました。日本共産党からは市田忠義書記局長が出席しました。

 会談後の共同記者会見では、四党を代表して民主党の鳩山由紀夫幹事長が、政府案の成立阻止のためにあらゆる努力をはらうことで一致したと説明しました。

 教育問題をめぐっては、いじめ自殺、高校・中学の未履修問題やタウンミーティングでの「やらせ」問題などが発覚しており、「これは法案の中身にもかかわるたいへん重大な問題だ。調査結果の報告や責任の所在も明らかにされていない。法案提出者の資格が問われている」として特別委員会での質疑や中央公聴会でもとりあげていくと述べました。

 また、国民の声を聞いた直後に採決することは、論外であり、野党四党として絶対に許すことはできず、徹底審議が必要だと強調しました。

 「核武装」議論を容認する発言を繰り返している麻生太郎外相への野党四党の罷免要求にたいして、塩崎恭久官房長官名で「応じる必要はない」と回答がきたことについては、その内容の重大性とともに、本来回答すべき安倍晋三首相自身の回答ではないとして、なんらかの措置をとることで一致したと述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。