Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
定例記者会見 定例記者会見
毎週月曜日に開く常任幹部会のブリーフィング
と、その時々の政治課題についての見解です。
2013年12月9日 記者会見
■国会でごり押ししても国民にはできない
秘密保護法で市田書記局長

 日本共産党の市田忠義書記局長は9日の記者会見で、秘密保護法成立後に共同通信が行った世論調査の結果で、同法を次の通常国会以降に「修正する」との回答が54・1%、「廃止する」が28・2%と合わせて82・3%に上り、70・8%が同法に「不安を感じる」と回答していることを示し、「国会のなかでは多数の力でゴリ押しできても、国民のなかにこれをゴリ押しすることはできないと言ってきたが、まさにそのとおりの結果だ」と指摘しました。

 同調査では安倍内閣の支持率も前回調査(11月)から10・3ポイント減の47・6%に急落したことを示し、「審議すればするほど、この法案の危険な本質があらわになって採決を急いだが、それが逆に怒りをいまかき立てている」との見方を示しました。

 市田氏は、学者や日弁連、日本ペンクラブ、演劇人、映画人、ジャーナリストなど「これほど幅広い勢力が反対の声を上げた法律はめずらしく、その怒りはいまも消えていない」と強調。ある駅頭で日本共産党議員が同法廃止署名を呼びかけたところ、30分あまりの間に68人が列をつくって署名に応じたことも示し、「こういう状況は全国でうまれている。たたかいはこれからだ。この法律の廃止を目指し意気高くがんばっていきたい」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。